新築

モノコトデザインの新築


家=「住まいの器」ハウスメーカーや工務店の「誰かと同じ」ではない「私たちだけの住まい」を

新築の注文住宅は、「ゼロからイチ」を生み出します。それは、ハウスメーカーや工務店の様に「規格」に沿って作る住まいではありません。また一部の建築家の様に「奇抜で変わった家」をつくる事でもありません。

「ただオシャレ、インスタ映えする」などの見た目だけでなく、そこに暮らす人の快適さや満足度を得られるように美しさや機能性をふまえて考えることが重要です。

そのため、建築だけでなく、生活に関する幅広い知識や表現力、コミュニケーション能力を求められます。 モノコトデザインには、経験豊富な建築士が在籍しており、色彩調和の理論も取り入れた心地よく洗練された空間のご提案をいたします。

 新築・注文住宅は「家族の思い出を新しく刻む場所」 


新築住宅は「見えないもの」を形にします。住宅購入を検討していくとたくさんの疑問や不安がいっぱいあると思います。それは、実際に建てた人にしかわからない事実です。
モノコトデザインには、「モデルハウス」があります。これは、代表の日吉が「自邸」として建築して現在も住んでいます。「生活感のない非現実的な住宅展示場」とは違い、実際生活しています。
皆さまが感じる住宅取得への不安や悩みを実際に体験して形にしているのです。

そこには「想い」があります。モデルハウスは、モノコトデザインのコンセプトを基に「等身大で、出来るだけで小さくシンプルに」つくりました。
「建築家」が建てた自邸だから苦労していない・・・・というわけではありません!
モデルハウスだから「古くなったら壊す」という展示場とは違います。

皆さまと同じように、「これで大丈夫かな?」と家族の要望・予算など抱える悩みは同じです。
もちろん、建築士という専門家です。「これで出来る?できない?」などの悩みや失敗は少ないと思います。家をつくることは、それだけ大きなエネルギーを使います。
それだけ、想いを入れてつくるから「家族の思い出の場所」になるのです。

モデルハウスと言いながら、ここには色々な思い出が刻まれています。
新築住宅とは、新しい場所で「家族の思い出の場所を刻む建物をつくること」ではないでしょうか。

新築住宅の落とし穴 


新築住宅は、たくさんのハウスメーカーや工務店、建築家が手掛けています。
たくさんの本や雑誌、Instagram、YouTube、、、、、で素敵な写真や情報があふれています。
そこに大きな落とし穴があったりします。

・その写真は、本当に家族が住みたい空間ですか?

・誰かの正解があなたにも正解ですか?

・予算だけを見て家を考えていませんか?

・・・・など、正解ばかりではありません。 無計画な要望は失敗を招きます。相手任せの工事や漠然と要望やイメージを伝えてもうまくはいきません。失敗しないためには、まずお客様ご自身がしっかりとしたイメージをつくり要望をまとめる必要と、実際に家を建てている建築士に依頼する必要があります。

本当の家づくり 


モノコトデザインでは、お客様のご要望をしっかりとヒアリングし、一過性の流行だけではない長く愛されるデザインをご提案いたします。

また、より一層快適に暮らすために、風水建築や色彩調和理論に基づいた家づくりを行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

電話をかける