お客様の声

実際にモノコトデザインで設計させて頂いたお客様の 「声」をご紹介させて頂きます


「中庭のあるマイホームが欲しいけど、予算に合わせたコンパクトな間取りにしたい!」
新築で建てた念願のマイホーム


【お客様の声1】 【新築住宅設計・監理家具・カーテンご提案】

Q.モノコトデザインに頼んでみて感じたこと・変わったことは?

中庭のある平屋を希望していたのですが、先に自分たちで購入していた土地では色々な制約があることがモノコトデザインさんに相談して気づきました。
初回の要望をお伝えして、駐車の台数や希望の部屋数などを踏まえると、平屋のままでは希望の間取りが難しいことに気づきました。
部屋数を考えると、二階建てにした方がよいということになりました。
モノコトデザインさんのモデルハウスを見学してコンパクトでも開放感があり、二階建てでもつながりがある家はつくれることを教えて頂きました。
結果、二階建てとは感じないほど開放的で家族のつながりを感じることのできるコンパクトで使い勝手の良い間取りができました。
自分たちの希望を全部出した上で、優先順位を考えて的確にアドバイスを頂けたのでよかったです。
家族の健康のために自然素材を積極的に使ったり、お洒落なデザインなど、想像以上に満足できるマイホームを実現できました。

【 福岡県 W様  】

W様の土地は様々な制限がございましたが、当所のご提案を柔軟に受け入れて頂き、間取り提出の際も喜んで頂きました。ご要望は平屋の中庭でしたが、「なぜ平屋の中庭がよかったのか?」を組み取りお話して出来上がったのがW様のマイホームです。ご要望の表面だけをくみ取ってつくる住まいでは決して出来なかった事だと思います。完成後の住まいでは、お子様と中庭で遊んだり家族の空気を感じられる住まいとご満足頂きました。


「希望の間取りができない。予算がよく分からない!」
というお悩みを解決

【お客様の声2】 【新築設計+セカンドオピニオン】

Q.モノコトデザインに頼んでみて感じたこと・変わったことは?

私達が描いた理想の間取りが工務店では難しいと感じていました。
モノコトデザインさんに相談した所、理想の間取りを考えてくれて、実際に生活している想像が出来ました。
相談の段階からとても話しやすく色々な相談が出来ました。
間取りに関しても、私達家族の要望をきちんと取り入れて頂き、
また分からない事へのアドバイスもとても勉強になり、理想のマイホームを持つことが出来ました。
モノコトデザインさんに相談できて良かったです。

【 北九州市八幡西区 K様  】

しっかりとした要望とイメージを固めることで理想の住まいに近づきます。
K様が間取りで悩んだのは、「間取りが一番大切だから」とおっしゃっておりました。
住みだしてからの悩み事、困り事は間取りの部分が大半です。
今回の工務店さんは、良心的でしたので基本の間取り計画も当所で作成させて頂きました。
その後の仕様打合せのアドバイスもさせて頂き、大変満足して頂けたとのことでした。
 


古民家のリノベーションは取り合ってもらいにくい・・・
いくつか図面を作って頂いたが要望をそのまま詰め込んだ間取りばかり。
プロの提案をしてくれる所はあるのだろうかと悩んでいました。


【お客様の声3】  【リノベーション設計・監理+家具・カーテンご提案】

Q1.どのようなことで悩んでいましたか?

柱や梁が邪魔になって自分達が希望する間取りができるのか、
暗い家に自然光を取り入れた間取りにしたいが、構造的にできるのか分からず悩んでいました。
数社図面や見積を依頼したのですがプロの提案をしてくれる所は少なく、諦めかけていました。

Q2.モノコトデザインに頼んでみて感じたこと・変わったことは?

初めて会った時、他社さんとは違い、
要望だけを聞いて図面を作るのではなく、細かく話を聞いてくれて、
現状の悩みや家族それぞれの要望をしっかりとヒアリングしてくれた事に驚きを感じました。
私達が言ったことだけでなく、プロの視点から良いアイディアが頂けると感じました。

途中「何でこんなこと聞くのだろう?」と疑問に思うことがいくつかありましたが
図面が出来上がってその意味が分かることが多々ありました。
こちらが言った言葉ひとつひとつをくみ取って頂き安心できました。

工事期間中も打合せ内容を、都度説明して頂き安心してお任せすることができました。
家が変わって行くのが楽しくて、最後の方は早く引っ越せないかとワクワクして完成が待ち遠しかったです。
リフォーム前を知っている友人や親族もビックリするほど感動していました!
自分達では思いつかないデザインや使い勝手でとても満足しております。

家族が集う食卓を作りたくて、ダイニングテーブルもご提案頂きとても満足しています。
手触りの良いケヤキの一枚板のテーブルと家族それぞれの好みの椅子はとてもお気に入りです。

関連記事はこちら:遠賀郡岡垣町・リノベーションインタビュー

【 遠賀郡岡垣町 A様 】

A様は、「古民家のリノベーションの大変さを感じており、プロの提案をもらう為には、どこに頼んで良いのか?」
という部分を悩まれていました。
築80年以上の古民家で立派な柱や梁を生かしたい気持ちと、新しいテイストへの期待。
古民家特有の寒さや防音の問題など様々な要因が悩みの中には隠されておりました。
家族の世帯数も多く、生活リズムが違うためそれぞれが満足する空間をつくる必要がありました。
色々とお話しさせて頂く中で、要望をしっかりまとめて頂きました。
皆さん喜んで頂いて毎日を楽しく過ごして頂けているようです。


それぞれのメリット・デメリットが分からない・・・
「マンションにするか?戸建にするのか?中古か?新築か?」
そもそもどれが良いのか?
リノベーション で叶えたマイホーム

【お客様の声4】【リノベーション設計・監理+ライフプラン提案(ローン・家具)】

Q1.どのようなことで悩んでいましたか?

家が欲しいと思っていましたが、マンションにするか・戸建にするか・中古か・新築か?
そもそもどうしたら良いのか、そこから悩んでいました。
それぞれのメリット・デメリットも分からなかったので、
自分たちに何が一番ベストかわかりませんでした。

Q2.モノコトデザインに頼んでみて感じたこと・変わったことは?

始めは、自分達でインターネットなどで色々調べて見ました。
私達の理想のテイストとモノコトデザインさんのテイストが違う気がしたので、最初は迷いました。
ただ、無知な素人がいくら調べても結局何が正解なのか分からず、、、
まずは相談してみようと決めました。

相談した印象は、相談しやすく、(話しやすかった)です。
最初に不安に思っていた自分達の理想(好み)をしっかり理解してくれました。
住まいは、「これ以上ないな~」と思う程、理想を形にして頂けました。

デザインはもちろんですが、『住みやすさ』は、実際に住み始めて実感することが多々あります。
設計だけでなく、土地探しや住宅ローン、インテリアなど様々な面でサポートして頂けたので
非常に助かりました! とても満足しております。

【 北九州市八幡西区 K様  】

K様は、「家は欲しいが、何が自分たちに一番なのか?」そこを悩まれていました。
マンションでも戸建でも中古でも新築でも何でも良いが、メリット・デメリットを知りたい。
購入予算はもちろん、長い目でのコスト(維持管理費用)など、トータルでのお話しをさせて頂きました。
最終的には、中古物件購入後フルリフォーム・リノベーションになりました。

家族によって何が一番なのかは変わります。
お話しさせて頂く中で自分達の理想がしっかりと見えた様でした。
一緒に作りたい!とのことで、和室は自分たちで「漆喰」の壁塗りをして頂きました。
「自分たちの住まい」と愛着を持って言って頂けたことが一番良かったです。
入居後は、お友達を呼んでホームパーティもして頂けた様です。


モノコトデザインは、
家づくりを通じて「家族の繋がりを感じて頂くこと」、
家を建てることや家自体が中心でなく「人(家族)が中心の暮らし」へのサポートをさせて頂いております。
「より良い住まいで豊かに暮らすためには・・・」

●家族の想いを形にするコンパクトな住まいをご提案。

福岡で作る家は「35坪前後」が多いです。
敷地いっぱい・予算一杯・希望も一杯。
全てを詰め込みすぎた家が決して快適なわけではありません。
モノコトデザインでは、「毎日の暮らし」を最優先した、
コンパクトで無駄のない、洗練された住まいを得意としています。

●設計エリアを古賀市・福津市・宗像市・福岡市東区・古賀市近郊地域にしています

福岡に住んでいます。
打合せや現場は近い方が良い住まいが出来上がります。
福岡に住んでいるから分かる福岡の気候や特徴。
北国には北国に適した家があり、福岡にも福岡に適した家があります。


モデルハウスとして建築した「モノコトの家」が完成して12年。
流行に踊らされず好きなテイストを大切にするという気持ちで家づくりを行ってきました。
年月と共に色を重ね、モノコトデザインらしい独自の個性的で楽しいバランスが出来上がったように思います。
明るいダイニングで食事をし、好きなモノに囲まれ、家族が快適に暮らせる家、そんな当たり前のコトを大切にしています。
12年後のルームツアーもぜひご覧ください。


モノコトデザインは、独自のデザインを大切に、居心地良い空間をご提案します。
流行だけに囚われるのではなく、時を経ても普遍的な美しさがあり、
人生の歩みと共に深みの出る住まいづくりをテーマとしております。


まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

電話をかける