リノベーション

モノコトデザインのリノベーション 


リノベーションとは、プラスαで新たな機能や価値を向上させること。

デザイン性や使い勝手を追加して新たなものとして新築時とは違った、新しい空間を作ることで、壁を取り除いて部屋を広くしたり、間取りを変更することが「リノベーション」に該当します。

「ただオシャレ、インスタ映えする」などの見た目だけでなく、そこに暮らす人の快適さや満足度を得られるように美しさや機能性をふまえて考えることが重要です。

そのため、建築だけでなく、生活に関する幅広い知識や表現力、コミュニケーション能力を求められます。 モノコトデザインには、経験豊富な建築士が在籍しており、色彩調和の理論も取り入れた心地よく洗練された空間のご提案をいたします。

 リノベーションは「自分を大事にする新しい住まい方」 


日本の住まいは「作っては壊す」「スクラップ&ビルド」がいまだ主流です。少しづつ、中古のマンションや戸建てを購入して、リフォームするという方も出ては来ましたが、新築需要はまだまだ続いています。 コロナ禍の影響もあり、土地や建物の金額は高騰しております。ひと昔前までは希望予算で購入できた新築住宅やマンションも、同じ金額では立地が悪くなり、仕様もダウンしてしまいます。

このような影響から、「古家やマンションを買ってリフォーム」という方法を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。リノベーションは新築と同等の金額で、唯一無二の空間をつくることは可能です。 リノベーションは同じものが二つとありません。テイストが似ていることはあっても、違う空間が出来上がります。 

リノベーションの落とし穴 


しかし、リノベーションはメリットばかりではありません。
大規模リフォームやリノベーションには、いくつかの問題点があります。 

・「建築士」の資格が無くても出来てしまう?!

・リフォーム会社のほとんどが設計と施工(監理)が一体?

・「新築工事」ができれば「リノベーション工事」も出来ると思われている

・予算だけを見て、部分リフォームや仕様を考えている 

・・・・など、良いことばかりではありません。 無計画なリフォームやリノベーションは失敗を招きます。相手任せの工事や漠然と要望やイメージを伝えてもうまくはいきません。失敗しないためには、まずお客様ご自身がしっかりとしたイメージをつくり要望をまとめる必要と、リノベーションをデザイン・施工両方の面で正しくバランス良く理解している設計士に依頼する必要があります。

本当のリノベーションと幸せな空間づくり 


モノコトデザインでは、しっかりと時間をかけて使い勝手面などのお客様のご要望をヒアリングし、また、一過性の流行だけではない長く愛されるデザインをご提案いたします。
表面を整えるリフォームではなく、新築と同じように機能を考えながらもその家の歴史や味など新築では出せない趣を出すことができます。  

「モノコトデザインのリノベーション」その他の記事もどうぞ

・人生後半のリノベーション・・・→ 記事はこちら

・「人生後半のリノベーション」のこだわりポイント!(事例)・・・→記事はこちら

・リノベーション・建て替えのタイミング ・・・→記事はこちら

・リフォーム工事での問題点・起こりやすい不安点・・・→記事はこちら

・番外編「モノコトデザインで作られた地域密着の学習塾」(事例)・・・→記事はこちら

【モノコトデザインへのお問い合わせ】

こちらのお問い合わせフォーム、もしくはお電話(092-410-4262)よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

電話をかける